電気ヒーター

足元ヒーター(フットヒーター)の種類と選び方

足元ヒーターは大きく分けて、
1.小型の電気ストーブ
2.小型の温風ヒーター(ミニファンヒーター)
3.小型の電気カーペット(ホットマット)
4.パネルヒーター
の4タイプに分けられます。

価格はどのタイプでもあまり差はありませんが、 それぞれに長所・短所があるので使用目的や使用環境にあったものを選びましょう。

●小型の電気ストーブは、石英管ヒーターやカーボンヒーターを使ったもので、 足元だけを温める場合は、あまり能力の大きいものだと熱すぎて近くに置けない場合があるので、 300W+300Wか400W+400Wの2段階で使用できるものが良いでしょう。
よほど寒い日でない限りはヒーター1本ですむと思います。
小型の電気ストーブは、音がしないので勉強机の下や事務机の下に置いて足元を暖めるのに向いていますが、 長時間使用すると電気代はけっこうかかるので、電気代が気になる人は 電気カーペットかパネルヒーターにしたほうが良いでしょう。

楽天で小型の電気ストーブを探すならこちら

●小型の温風ヒーターは、電気ストーブよりも小型なのでトイレのような狭い場所に置けるし、 空気が暖かくなるので、少し時間をかけるとトイレくらいならの広さなら、 足元だけでなく部屋全体を暖めることができます。
しかし、トイレくらいの部屋が限界で、小型だと脱衣所で使うのには向かないようです。
また、けっこう大きい音がするので勉強や事務的な仕事のような集中力を必要とするようなことを する場所には向きません。
また、小型でも消費電力は500W〜600Wくらいのものが多いので電気代は4つの中では一番高くなるようでから、 長時間連続して使用するような用途にも向きません。

楽天でミニファンヒーターを探すならこちら

●小型の電気カーペットは、直接体に接触するので少ない電力で暖かさを感じることができます。
40cm×40cm程度の大きさのものなら消費電力は30Wくらいなので、 電気代は電気ストーブや温風ヒーターに比べるとかなり安くなります。
メーカーによると30Wくらいなら電気代は1時間で0.3円だそうですが、 強弱の切り替え機能がついているものは強で使うともう少し高くなります。
小型の電気カーペットは、長時間使用するけど電気代をあまりかけたくないとか、 部屋全体をエアコンなどで暖房していて、足元だけがちょっと寒いというような場合に向いています。

楽天で足元用の小型の電気カーペットを探すならこちら
楽天で電気ホットマットを探すならこちら

●パネルヒーターは、電気カーペットのように足をつけないので、暖かさを感じるには 電気カーペットより能力の大きい100Wくらいものを使用する必要があるので、電気代は電気カーペットより 高くつきますが、置き場所が電気カーペットほど限定されないのが良いところです。
また、電気ストーブのように触ると火傷するような熱さにはならないので、 足元のすく近くに置けるので電気ストーブよりは電気代を節約でます。
最近は、使い勝手の良い電気カーペットとパネルヒーターを兼用した商品もあます。

楽天でパネルヒーターを探すならこちら

広 告