電気ヒーター

ハロゲンヒーター


ハロゲンヒーターは耐熱性に優れた石英管ガラスの中に花巻状のタングステン線コイルを入れ、ハロゲンガスなどを封入したもので、高い速熱即暖性で明るいのが特徴で、ハロゲンヒーターはヒーター単体での寿命は約8,000時間といわれています。

ハロゲンヒーターは遠赤外線より近赤外域の放射量が多いので、同じ電力だと遠赤外線の放射量が多いカーボンヒーターより体感的な熱量は半分くらいにしか感じられません。
ハロゲンヒーターは見た目は眩しいくらいに明るいので、暖かそうに見えますが明るいということは可視光線が多く放出されているということで、暖房効率はそんなによくありません。

2002年ごろに扇風機型のハロゲンヒーターが流行りましたが、使用中に発煙したり発火するなどの不具合があってリコールされたりして、現在は大きい扇風機型の物はあまり見かけなくなりました。

同じ電力ならカーボンヒーターの方が体感熱量が高いし価格もそんなに変わらないようなので、特別な使用目的がなければハロゲンヒーターよりカーボンヒーターを買うことをお勧めします。

600wのハロゲンヒーターと300wのカーボンヒーターが体感的には同じ暖かさだと言われているので、同じ暖かさを求めるならカーボンヒーターは半分の電気代ですむ事になりますが、 私が持っている石英管ガラスヒーターとカーボンヒーターを比べた感じではカーボンヒーターの方が20%くらいは暖かさが増している感じなので、 半分は大げさかもしれませんが、カーボンヒーターの方が身体を暖める効率が良いのは確かなようです。

楽天で安いをカーボンヒーター探すならこちら

楽天で安いをハロゲンヒーター探すならこちら