電気ヒーター

石英管ヒータ


石英管ヒータはクオーツヒーターとも呼ばれているもので、耐熱性に優れた石英管ガラスの中に花巻状や螺旋状のニクロム線コイルを入れて固定しているだけの簡単な構造なので製造コストが安いのが長所ですが、遠赤外線の放出量はカーボンヒータよりは劣ります。
また石英管ガラスは熱には強いけれども割れやすいので衝撃を与えないなどの注意が必要です。

石英管ヒータを使った暖房器具はかなり昔からあり、一般に電気ストーブとだけ記載して販売されている場合は石英管ヒータを使った物のことのようです。

石英管ヒータの寿命は約5000時間〜7,000時間といわれているので5年くらいは使えそうなものですが、 私が使っていた石英管ヒータの電気ストーブは運が悪かったのか2,3年で壊れてしまうものもありました。
石英管ヒータがダメになったのではなく、スイッチの不良のような感じでしたが、分解して直すのは面倒なので買い換えました。

石英管ヒータの電気ストーブは安いものだと2000円前後であり、安価なのが魅力ですが短期で故障するものが多いようですから、価格重視で石英管ヒータの電気ストーブを買うなら長年使用できることは期待しないほうが良いかもしれません。

楽天で一番安い石英管ヒータの電気ストーブはこちら