電気ヒーター

トイレ用ヒーターの種類や選び方

トイレは狭い空間なので、使用できる電気ヒーターも限られてきますから、 自宅の環境にあった電気ヒーターを選ぶ必要があります。
トイレはヒーターの置ける場所が限られるので、使うヒーターは薄型パネルタイプのヒーターか、 ファンヒータータイプのどちらかになるようですが、トイレではお尻も出すのでどこに置いても トイレの空間全体を暖められるファンヒータータイプのものが良いと思います。

私は安物の電気ミニファンヒーターをトイレ用に使っていますが、音がうるさいのが難点です。
トイレなどの狭いところ専用の薄型電気ファンヒーターもありますが、 こちらは価格が高くなるのが難点です。しかし、音はミニファンヒーターよりは小さいようですし、 消臭機能や人感センサーなどの機能がついたものもあるようです。
価格重視の人は安物の電気ミニファンヒーターで、性能重視の人は専用の薄型電気ファンヒーター ということになりそうです。

音がするのがいやな人は、薄いパネルヒーターかカーボンヒーターにすると良いかもしれませんが、 このタイプのヒーターは、短時間でトイレの空気を暖かくはできないので、トイレ全体を暖かくしてから 用を足したい場合は、電源を入れておく時間を長くする必要があり、同じ能力なら 電気代はファンヒータータイプのものより高くつきます。

楽天でミニファンヒーターを探すならこちら

楽天で薄型電気ファンヒーターを探すならこちら

トイレでヒーターを使うときは

寒い日だと500W程度の電気ファンヒーターは、トイレに入ってからスイッチを入れたのでは、すぐには暖かくならないので、 トイレに入る10分〜15分くらい前にスイッチを入れておいてトイレの中を暖かくしてから用を足して、 出るときにスイッチを切るようにするとトイレを暖かく快適に使用できます。